ホーム > しごと・産業 > 農林業 > 公設地方卸売市場 > 地方卸売市場 > 福島市公設地方卸売市場経営展望及び財政計画を策定しました

ここから本文です。

更新日:2021年2月18日

福島市公設地方卸売市場経営展望及び財政計画を策定しました

経営展望・財政計画策定の趣旨

農林水産省が策定した「第10次卸売市場整備基本方針」により、卸売市場の開設者及び市場関係業者が一体となって、卸売市場のあり方・位置付け・役割、機能強化等の方向、方針等を明確にした「経営展望」を策定し、経営戦略を確立することが求められています。また福島県の「第9次福島県卸売市場整備計画」により、本市場は地域の生鮮食料品等の流通の核となる市場として、集荷・販売力の強化を図るための重要な役割を担う「地域拠点市場」に位置づけられました。

さらに総務省は、住民の日常生活に欠くことのできない重要なサービスを提供する役割を果たしている公営企業が、将来にわたってもサービスの提供を安定的に継続することが可能となるように中長期的な経営の基本計画である「経営戦略」を策定し、経営基盤強化と財政マネジメントの向上を図ることを要請しているところです。

経営展望は、福島市総合計画後期基本計画を具体的に実行に移していくための分野別計画と位置づけ、本市場の「福島市中央卸売市場中期経営プラン(PDF:957KB)」で取り組んできた成果、さらには平成28年度に取りまとめた現在地において既存施設の修繕・改修を基本とする整備方針の内容を尊重しながら、本市場全体の「経営戦略」を明確にするために策定したものです。

また、財政計画は「経営展望」に基づき、開設者として取り組むべき内容の実現に必要な施策や収支計画について取りまとめたものです。

経営展望・財政計画の期間

計画期間につきましては、「卸売市場整備基本方針」及び「福島県卸売市場整備基本計画」が5年ごとに策定されていること、また、本市場は施設の老朽化が進み施設の再整備が喫緊の課題でありますが、計画期間内においてPPP/PFI導入の優先的検討を行い、民間活力による再整備の実現性・有効性を調査・検討し、その結果を踏まえ整備計画を検討することから、平成30年度から令和4年度(経営展望及び財政計画内では平成34年度と表記)までの5ヵ年としています。

※平成29年10月13日から平成29年11月13日にかけてパブリック・コメントを実施したほか、平成29年12月市議会定例会議の経済民生常任委員協議会にて報告しました。

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

このページに関するお問い合わせ先

農政部市場管理課

福島市北矢野目字樋越1番地(福島市公設地方卸売市場 管理事務所内)

電話番号:024-553-1213

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?