ここから本文です。

更新日:2021年4月1日

3R(スリーアール)を徹底しよう!

3R(スリーアール)を徹底し、ごみの減量化、資源化をしましょう!

大作戦 

3R(スリーアール)とは?

3Rとは、次の3つの英単語の頭文字を取ったものです。

●Reduce(リデュース)~ごみを出さない~
●Reuse(リユース)~繰り返し使う~
●Recycle(リサイクル)~再資源化する~

これまでの消費生活を見直し、リデュース(発生抑制)、リユース(再使用)に取り組みましょう。
それでも発生したごみについては、徹底して分別し、リサイクル(再生利用)しましょう!
3Rの取り組みにより、環境負荷の少ないライフスタイルへの転換を図り、循環型社会の構築を目指しましょう。

循環型社会

リデュース(Reduce)発生抑制

いらないものは買わない、もらわない。

Reduce(発生抑制)イメージ図

 

リユース(Reuse)再利用

使えるものは、ていねいに、大切に使う。

Reuse(再利用)イメージ図

 

リサイクル(Recycle)再資源化

捨てずに、資源としてよみがえらせる。

Recycle(再資源化)イメージ図

まずはできるところから始めてみましょう!

3Rについて、できることの一例を挙げてみました。
皆さんも、少しずつでも良いので取り組んでみませんか?

  • マイバックを使って、レジ袋を減らしましょう。
  • 不必要な過剰な包装は断りましょう。
  • 詰め替えのできる商品を選びましょう。
  • キッチンペーパーなど使い捨てのものではなく、ふきんを使いましょう。
  • 余分なものは買わないようにしましょう。
    買うものをあらかじめメモに書いていくと、余分なものを買わずに済みます。
  • 食品を購入した際に、必要でなければ割りばしやプラスチックのスプーンなどは断りましょう。
  • 食品ロスの削減に努めましょう。作戦その2 食品ロスの削減
  • 壊れてしまっても、できるだけ直して使いましょう。
  • バザーやリユース(リサイクル)ショップなどを利用しましょう。

学校バザー

粗大ごみを再生した家具や自転車を使ってみませんか?

福島市リサイクルプラザでは、資源の有効利用とごみの減量化をすすめるため、粗大ごみの中から自転車と家具を再生し、市民の皆様に抽選のうえ格安で提供しています。
詳しくはこちら

ごみはきちんと分別して出しましょう

  • ごみを出すときに、きちんと分別すると「再資源化(リサイクル)」に繋がります!
    作戦その3 分別の徹底
  • 福島市では、ごみ分別無料アプリ「さんあ~る」のサービスを提供しています。
    ●ごみ出し日をアラームでお知らせ!出し忘れ防止!
    ●分別に迷うゴミも、検索ですぐ解決!
    ●お知らせ・クイズなど、便利で楽しい機能も!
    詳しくは、便利です!ごみ分別無料アプリ「さんあ~る」をご覧ください。アプリももりん

いろいろあるよ!リサイクル! 

  • 使用済小型家電リサイクル
    不燃ごみに該当する小型家電品の中には、「使用済小型家電のリサイクル」対象品があります。
    詳しくはこちら
  • 使用済みはがき回収事業-ももりんエコポストー
    家庭で不用になった、暑中見舞いや年賀状などの「使用済みはがき」を回収しています。
    回収したはがきは製紙工場で溶解処理し、トイレットペーパー・段ボールなどに生まれ変わります。
    詳しくはこちら
  • スーパーマーケット等での店頭回収を積極的に活用しよう! 
    市内には、新聞紙、ペットボトル、食品トレイなどを店頭回収しているスーパーマーケット等があります。
    お仕事帰りやお買い物のついでに資源物を出すことが出来ます。
    ポイントがついてお得な店舗もありますので、積極的に活用しましょう!
    詳しくはこちら

「もったいない」の心でごみを減らしましょう!

ものを大切にする心の「もったいない」という言葉は、世界共通語です。
「もったいない」の精神で、3Rに取り組みましょう!

「MOTTAINAI(もったいない)」について

mottainai

 

このページに関するお問い合わせ先

環境部ごみ減量推進課ごみ減量推進係

電話番号:024-525-3744

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?