ホーム > 健康・福祉 > 健康・医療 > 医事 > 施術所の構造設備基準及び衛生上の措置について

ここから本文です。

更新日:2020年6月24日

施術所の構造設備基準及び衛生上の措置について

施術所の構造設備基準及び衛生上の措置について、法律等を掲載しております。

施術所の構造設備基準

あん摩マッサージ指圧師、はり師、きゅう師等に関する法律(以下「あはき法」という)第9条の5第1項及びあはき法施行規則第25条・柔道整復師法(以下「柔整法」という)第20条第1項及び柔整法施行規則第18条関係

  • 6.6平方メートル以上の専用の施術室を有すること。
  • 3.3平方メートル以上の待合室を有すること。
  • 施術所は室面積の7分の1以上に相当する部分を外気に開放できること。ただし、これに代わるべき適当な換気装置があるときはこの限りでない。
  • 施術に用いる器具、手指等の消毒設備を有すること。

衛生上の措置

あはき法第9条の5第2項及びあはき法施行規則第26条、柔整法第20条第2項及び柔整法施行規則第19条により、衛生上必要な措置について、定められています。

  • 常に清潔に保つこと
  • 採光、照明及び換気を十分にすること。

施術所の名称について

医療法や医師法に抵触するような名称や、施術所の名称として不適切な名称は使用できません。また、市内に同じ名称や似た名称がないことを事前にご確認ください。(医療法第3条、医師法第18条)

施術所の広告に関する規制

あはき法第7条、柔整法24条により、法律に定められた事項以外の事項については広告できません。

その他の注意

医薬品を販売するには「医薬品、医療機器等の品質、有効性及び安全性の確保等に関する法律」に基づく許可が必要です。また、医療機器を販売等するにも許可、届出が必要な場合があります。事前にご相談ください

このページに関するお問い合わせ先

健康福祉部保健所保健総務課地域医療政策室医事薬事係

福島市森合町10番1号 保健福祉センター

電話番号:024-597-6221

ファックス:024-533-3315

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?