ホーム > くらし・手続き > 住宅 > 補助・助成 > 住宅に関する補助制度一覧 > 住宅に関する補助制度(新婚・子育て世帯向け)

ここから本文です。

更新日:2024年6月10日

住宅に関する補助制度(新婚・子育て世帯向け)

福島市内にお住まいの新婚世帯・子育て世帯向けの補助制度になります。支援項目ごとに分類しています。

特に、省エネ改修と再エネ・脱炭素メニューは、物価高騰の影響を受けにくいライフスタイルへの転換を支援するため、充実した内容となっています。ぜひご活用ください。

 

1 3 5

2 4 6

7 8

 

新婚・子育て世帯向けの補助制度一覧

 金利引き下げ・税の優遇

分類 【制度名称】主な内容 問い合わせ先 URL
金利の引き下げ

【フラット35】

省エネルギー性・耐震性などを備えた質の高い住宅を取得する場合
に、【フラット35】の借入金利を一定期間引き下げる制度です。

住宅金融支援機構
(0120-086-035)

(外部サイトへリンク)

住宅ローン減税

(所得税)

住宅ローンを借り入れて住宅の新築・取得又は増改築等をした場合、年末のローン残高の0.7%を所得税(一部、翌年の住民税)から最大13年間控除する制度です。 国土交通省
(03-5253-8111)

(外部サイトへリンク)

固定資産税、登録免許税、不動産取得税の優遇措置(新築) 認定長期優良住宅・認定低炭素住宅の新築を対象とした、各種税制優遇があります。 国土交通省
(03-5253-8111)
(外部サイトへリンク)
贈与税非課税措置 父母や祖父母などの直系尊属から、住宅の新築・取得・増改築のための資金の贈与を受けた場合において、その資金のうち一定の金額について贈与税を非課税とする制度です。 国土交通省
(03-5253-8111)

(外部サイトへリンク)

 

ページの先頭へ戻る

 住居の取得

分類 【制度名称】主な内容 問い合わせ URL

注文住宅の新築

新築住宅の購入

【子育てエコホーム支援事業】
高い省エネ性能(ZEHレベル)を有する新築住宅の取得費用を補助
≪補助額≫
  • 長期優良住宅:1住戸につき100万円
  • ZEH住宅:1住戸につき80万円

住宅省エネ2024キャンペーン補助事業合同お問い合わせ窓口

(0570-055-224)

(外部サイトへリンク)

ZEH取得支援

【ネット・ゼロ・エネルギーハウス推進事業(建築主向け)】
ネット・ゼロ・エネルギー・ハウス(ZEH)を新築、または建売住宅を購入する個人を対象に、省エネ設備等の導入にかかる費用を補助
≪補助額≫
補助金額は40万円(定額)
一般財団法人 ふくしま建築住宅センター
(024-573-0118)
(外部サイトへリンク)

住宅取得費、引越代

【福島市結婚新生活支援事業】
新婚さんの新生活を応援するため、新婚世帯の住居費と引越費用を支援

≪補助額≫
住宅取得・リフォーム:実支出額のうち30万円まで

福島市定住交流課
(024-525-3739)
(サイト内リンク)

 

ページの先頭へ戻る

 リフォーム

分類

【制度名称】主な内容 問い合わせ URL
リフォーム全般 住宅のリフォームに利用可能な制度をまとめています。
詳細は、ホームページをご確認ください。

一般社団法人 住宅リフォーム推進協議会

(03-3556-5430)

(外部サイトへリンク)

長期優良住宅

【長期優良住宅化リフォーム推進事業】
住宅の性能向上リフォーム工事費を補助
≪補助額≫
●補助率:特定性能向上リフォーム工事に係る補助金の額の1/2を超えない額
●補助限度額
(1)評価基準型 80万円/戸(加算要件を満たした場合 130万円/戸)
(2)認定長期優良住宅型 160万円/戸(加算要件を満たした場合 210万円/戸)
長期優良住宅化リフォーム推進事業実施支援室
(03-5229-7568)
(外部サイトへリンク)

 

ページの先頭へ戻る

 省エネ改修

分類 【制度名称】主な内容 問い合わせ URL

 

省エネ全般

【福島県省エネルギー住宅改修補助事業】

戸建て住宅の省エネ診断や省エネ改修に要する費用の補助

≪補助額≫

(1)省エネ診断 対象費用の3分の2の額(最大2万2千円)

(2)省エネ改修 対象工事費の23%(上限額は条件により異なります。)

〇受付・提出に関して

一般財団法人 ふくしま建築住宅センター
(024-573-0118)

〇補助制度に関して

福島県土木部建築指導課

(024-521-7529)

(外部サイトへリンク)

省エネ全般

【子育てエコホーム支援事業】

高い省エネ性能をもつ住宅への改修費用を補助
≪補助額≫
実施する補助対象工事の内容に応じて定額
(一戸当たり、20万円から最大60万円まで補助)

住宅省エネ2024キャンペーン補助事業合同お問い合わせ窓口

(0570-055-224)

(外部サイトへリンク)

窓の交換

【先進的窓リノベ2024事業】

既存住宅における熱損失が大きい窓の断熱性能を高める費用を補助
≪補助額≫
実施する補助対象工事の内容に応じて定額
(一戸当たり、最大200万円まで補助)

住宅省エネ2024キャンペーン補助事業合同お問い合わせ窓口

(0570-055-224)

(外部サイトへリンク)

給湯器の交換

【給湯省エネ2024事業】
既存住宅における高効率給湯器の導入を補助
≪補助額≫

ヒートポンプ給湯機(エコキュート) 8万円から13万円/台
ハイブリッド給湯機 10万円から15万円/台

家庭用燃料電池(エネファーム) 18万円から20万円/台

住宅省エネ2024キャンペーン補助事業合同お問い合わせ窓口

(0570-055-224)

(外部サイトへリンク)

断熱改修 【既存住宅における断熱リフォーム支援事業】
省エネ効果(15%以上)が見込まれる高性能建材(断熱材、ガラス、窓、玄関ドア)を用いた住宅の断熱リフォームを支援
≪補助金額≫
補助対象経費の3分の1 1戸当たり120万円(上限)
公益財団法人北海道環境財団補助事業部
(011-206-1573)

(外部サイトへリンク)

 

ページの先頭へ戻る

 多世帯同居・近居

分類 【制度名称】主な内容 問い合わせ URL

【準備中】

住宅取得費、引越代

【福島県多世代同居・近居推進事業】
子育て世帯を対象に、新たに多世代で同居・近居を始めるための住宅取得等に対して補助金を交付
≪補助額≫
(1)補助基本額 30万円
(2)県外移住世帯加算額(県外から本県への移住) 10万円
一般社団法人 福島県建設業協会
(024-521-0244)
(外部サイトへリンク)

 

ページの先頭へ戻る

 地震への備え

分類 【制度名称】主な内容 問い合わせ URL
耐震診断・耐震改修

【木造住宅耐震診断事業】
市が委託した建築士を派遣し、木造住宅の耐震診断を行います。
≪補助金額≫

面積に関わらず、156,000円

(耐震診断の料金は、おおむね21万円から30万円です)

【木造住宅耐震改修事業】
市が耐震改修等工事費の一部を補助します。
≪補助金額≫
耐震改修工事費の5分の4以内(最大100万円)

福島市住宅政策課

(024-525-3734)

(サイト内リンク)

ブロック塀撤去

【ブロック塀等撤去事業】
地震等により転倒のおそれのあるブロック塀等の撤去費用の一部を助成
≪補助額≫
上限は10万円
(1)ブロック塀等の撤去に要する経費の2分の1の額
(2)補助の対象となるブロック塀等の延長1メートルあたり5千円
福島市開発建築指導課
(024-525-3764)
(サイト内リンク)

 

ページの先頭へ戻る

 再エネ・脱炭素(太陽光発電)

分類 【制度名称】主な内容 問い合わせ URL

太陽光発電設備、

蓄電池、充電器設置など

【脱炭素住宅整備助成事業】
≪補助額≫
(1)住宅用太陽光発電システム設置費用 4万円(定額)
(2)定置型リチウムイオン蓄電池システム 最大10万円
(3)電気自動車充給電設備(V2H機器) 最大10万円
(4)ホームエネルギーマネジメントシステム(HEMS) 1万円
(5)家庭用電気自動車充電設備 最大2万円
福島市環境課
(024-525-3742)
(サイト内リンク)

 

ページの先頭へ戻る

 空き家活用

分類 【制度名称】主な内容 問い合わせ URL

 

リフォーム

【移住・子育て世帯型空き家リフォーム支援事業】
市内空き家を購入された個人が行うリフォーム費用を補助
≪補助額≫
2分の1以内かつ最大150万円
福島市住宅政策課
(024-573-2751)
(サイト内リンク)

 

ページの先頭へ戻る

 

このページに関するお問い合わせ先

都市政策部 住宅政策課 住宅政策係

福島市五老内町3番1号

電話番号:024-525-3757

ファクス:024-533-0026

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?