ここから本文です。

更新日:2017年3月1日

青ばた入り赤飯

料理の写真

材料

  • もち米:1升
  • 小豆:100グラム
  • 青ばた豆:少々
  • 生栗:400グラム(時期があるので渋を取って冷凍にしておく)

作り方

  1. もち米は一晩水につけておく。
  2. 小豆は固めにゆでておく(30分)。栗は固めにゆで、渋皮までむき適当な大きさに刻んでおく。
  3. 青ばた豆は一晩たっぷりの水に浸しておき、翌日茹でておく。
  4. 水気を切ったもち米に小豆・栗を混ぜ、「あげの」か布巾を敷いてせいろに平らに入れ、強火で30~40分蒸す。
  5. 火を止めかき混ぜて打ち水をした後、中火でさらに30~40分蒸し上げ、約10分蒸らす。
  6. 最後の仕上げに青ばた豆をそえて出来上がり。

ふくしま食のたくみからひと言-樅山ハツイさん-

小豆の赤色が魔よけの色と言われ、ハレの日の料理として節句やお祝い事に欠かせない料理です。養蚕が盛んな頃「蚕がまめに育つように」「まめまめしく働く」などの思いを込めて、青ばた豆をまぶすようになったようです。

  • 小豆をゆでた煮汁をとっておいて、もち米のつけ汁にしたり、打ち水に使うと赤みが増して鮮やかに仕上がります。
  • 栗は、渋をとって、そのまま冷凍しておくと年中使えて便利です。

食べる時期

行事食(節句・祝い事・お祭りなど)

このページに関するお問い合わせ先

農政部農業振興課販売促進係

福島市五老内町3番1号

電話番号:024-529-7663

ファックス:024-533-2725

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?