ここから本文です。

更新日:2020年5月1日

納税の猶予

市税は、納期限までに納付しなければなりませんが、災害や病気などの理由により、一度に納めることが困難であると認められる場合などには、原則1年以内の期間で納税を猶予する制度があります。
詳しくは、ご相談ください。

※納税の猶予は免除(減免)ではありません。

徴収の猶予【特例制度】

 新型コロナウイルス感染症の影響により、収入が前年同期に比べ概ね20%以上減少して、市税等を一度に納めることが困難と認められる場合には、申請により1年間に限り、特例的に納税を猶予することができます。

 詳しくは、納税課へご相談ください。

徴収猶予の「特例制度」のリーフレット(PDF:453KB)

徴収の猶予

次の理由により、市税を一度に納めることが困難であると認められる場合には、納税者などの申請に基づき、1年以内(最大2年以内)の期間に限り、「徴収の猶予」が適用されることがあります。
なお、この場合には、原則として担保(土地や建物など)を提供していただきます。

  • (1)納税者の財産について、災害を受けたこと、または盗難にあったこと
  • (2)納税者またはその生計を一にする親族などが、病気にかかったこと、または負傷したこと
  • (3)事業を廃止したこと、または休止したこと
  • (4)事業について、著しい損失を受けたこと
  • (5)その他、これらに類する事実があったこと

徴収の猶予が適用された場合

  • 猶予期間中は、財産の差押えや換価が猶予されます。
  • 猶予期間中の延滞金の全部、または一部が免除されます。

申請の手続き

  • 申請期限
    期限はありません。
  • 申請に必要な書類
    徴収の猶予申請書
    財産目録、または資産などの状況を明らかにする書類
    前一年の収支実績および以後の収支見込みを明らかにする書類
    担保の提供に必要となる書類(担保の提供を必要としない場合を除く)
  • 提出先
    福島市役所納税課
  • 注意事項
    申請していただいた場合でも、却下となり猶予が認められない場合があります。
    申請が承認された場合でも、猶予期間中に取消しとなる場合があります。

換価の猶予

次の理由に該当すると認められる場合には、納税者などの申請に基づき、1年以内(最大2年以内)の期間に限り、「換価の猶予」が適用されることがあります。
なお、この場合には、原則として担保(土地や建物など)を提供していただきます。

  • (1)直ちに財産の換価をにすることにより、事業の継続を困難にするおそれがあること
  • (2)直ちに財産の換価をすることにより、生活の維持を困難にするおそれがあること

換価の猶予が適用された場合

  • 猶予期間中は、財産の換価が猶予されます。
  • 猶予期間中の延滞金の一部が免除されます。

申請の手続き

  • 申請期限
    猶予を受けようとする市税等の納期限から6月以内です。
  • 申請に必要な書類
    換価の猶予申請書
    財産目録、または資産などの状況を明らかにする書類
    前一年の収支実績および以後の収支見込みを明らかにする書類
    担保の提供に必要となる書類(担保の提供を必要としない場合を除く)
  • 提出先
    福島市役所納税課
  • 注意事項
    申請していただいた場合でも、却下となり猶予が認められない場合があります。
    申請が承認された場合でも、猶予期間中に取消しとなる場合があります。

担保の提供を必要としない場合

次の場合には、担保の提供を必要としません。

  • (1)猶予を受ける金額が100万円以下である場合
  • (2)猶予を受ける期間が3月以内である場合
  • (3)担保を提供することができない特別の事情がある場合

関連リンク

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

このページに関するお問い合わせ先

財務部納税課滞納整理推進室

福島市五老内町3番1号

電話番号:024-525-3717

ファックス:024-535-7500

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?