ホーム > 健康・福祉 > 福祉・介護 > バリアフリーへの取り組み > バリアフリー推進パッケージについて

ここから本文です。

更新日:2022年5月31日

バリアフリー推進パッケージについて

バリアフリー推進パッケージとは

2020東京オリンピック・パラリンピックを契機にバリアフリーニーズを掘り起こし、官民一体となったハード・ソフト両面のバリアフリーを実践することにより「誰にでもやさしいまち ふくしま」の実現を目指します。

さらに、この行動を東京オリンピック・パラリンピックのレガシーのひとつとして次世代へ繋いでいくことを目標にバリアフリー推進パッケージに取り組みます。

 

 

バリアフリー推進パートナーとは

バリアフリーの推進に関する市の取り組みの趣旨・目的に賛同し、連携・協力いただける民間事務所や団体の皆様を「バリアフリー推進パートナー」とします。

バリアフリー推進パートナーになるには、アンケートにお答えいただき、市の趣旨に賛同し「協力する」にチェックを入れていただくだけです。アンケートはこちら(外部サイトへリンク)から回答いただけます。

パートナーになると「パートナー証」と「ステッカー」をお配りさせていただきます。

 

 

バリアフリー推進パートナーの主な役割

①アンケート調査等へのご協力

②バリアフリー推進パートナーミーティングへの参加

③バリアフリー推進パートナーステッカー掲示(後日郵送します)

④バリアフリー事業の実践、取り組んでいる事例の情報発信等

 

 

バリアフリー推進パートナーとなられた皆様

アンケートにご協力いただき、バリアフリー推進パッケージにご賛同いただいた皆様につきましては

下記の一覧表にてご紹介させていただきます。

なお、学校や一般企業などの分類を簡潔にいたしましたので下記のとおりお知らせいたします。(令和4年4月末現在)

 

①保育園・学校・大学 91団体

②一般企業      72団体    

③NPO法人      26団体

④行政機関       6団体 

⑤自治振興協議会   27団体

⑥その他各種団体   42団体 

 

バリアフリー推進パートナー一覧(PDF:213KB)

 

 

 

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

このページに関するお問い合わせ先

健康福祉部共生社会推進課地域共生係

電話番号:024-572-3948

ファックス:024-535-7970

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?