ホーム > 子育て・教育 > 幼稚園・保育園・子育て支援施設 > 保育所・幼稚園・認定こども園 > 保育所や幼稚園の利用をお考えの方へーさまざまな利用方法が選べますー

ここから本文です。

更新日:2020年12月28日

保育所や幼稚園の利用をお考えの方へ
-さまざまな利用方法が選べます-

就学前のお子さんが通う施設について、こんなイメージをお持ちではありませんか?
・共働き家庭は保育所しか選べない
・地域型保育施設は、「3歳の壁」がある
・認可外保育施設は利用料金の負担が重い
実は最近、子育て支援制度の充実等によって、そんなイメージが変わりつつあります。
幼稚園、保育所、認定こども園、地域型保育施設、認可外保育施設…。お子さんを通わせる施設には、保護者の皆さんのニーズに合った様々な選択肢があります。
下のケースを見ながら、「わが家のニーズに一番合った施設はどれか」ぜひご検討ください。
 幼稚園散歩幼稚園でピアノ遊び

【ケース1】 父:会社員(フルタイム)   母:パートタイム    子ども:3歳                                                        共働きだが、子どもには小学校に入る前に「幼児教育」を受けさせたい。でも、幼稚園はお昼で終わりだからムリか…。   

→ 「幼稚園・認定こども園(午前中の教育部分)+預かり保育」という選択肢があります。
  ※利用時間のイメージは、下の例1をご覧ください。
 満3歳から小学校就学前までのお子さんがさまざまな遊びを通じて学び、小学校以降の生活や学習の基礎をはぐくむ幼稚園・認定こども園(教育部分)。園ごとにそれぞれ、特色を持った教育活動を行っています。
 幼稚園・認定こども園(教育部分)の「教育活動」の時間は、お昼ごろに終了しますが、午後も引き続き子どもを預かる「預かり保育」を行っている園が数多くあり、午後までお仕事のある方でも、安心してお子さんを通わせることができます(預かり保育を夏休み等の長期休業期間に行っている園もあります)。
 また、私立幼稚園・認定こども園では、平日(夏休みなど長期休業期間中も)に、教育時間と合わせて11時間程度の長時間の預かり保育を行っているところがあります。フルタイム勤務の方でも、「幼稚園」の利用もご検討いただけます。
 なお、お子さんが3歳児(年少)以上で、就労等の理由で保育の必要性があると認められる場合には、預かり保育料が月額11,300円まで無償(注1)になります。 ※認定こども園…就学前の子どもに教育と保育を一体的に行う、「幼稚園」と「保育所」の機能をあわせ持っている施設。

(注1)無償になる上限額(月額)は、11,300円または450円×利用日数のどちらか低い額になります。なお、制度について詳しくは幼児教育・保育の無償化をご覧ください。

 

◇福島市内の私立幼稚園・認定こども園(教育部分)について詳しくは、次のページをご覧ください。

◇福島市内の市立幼稚園・認定こども園(教育部分)について詳しくは、次のページをご覧ください。

 

 幼稚園

              泥遊びをしている様子

 

 

【ケース2】父:自営業   母:会社員(フルタイム)   子ども:3歳、1歳
 妻は育児休業明け。今は、夫婦ともに仕事を頑張りたいので、長く子どもを預かってほしい。

→ 「保育所・認定こども園(保育部分)」という選択肢があります。
   ※利用時間のイメージは、下の例2をご覧ください。
保育所や認定こども園(保育部分)は、就労等の理由で保育の必要性があると認められるご家庭の、0歳から就学前までのお子さんを預かる施設です。
保育が利用できる時間は、必要性の認定内容に応じて、8時間~11時間となります。また、お迎えに遅れそうな日は延長保育を利用できます(別途、延長保育料がかかります。また、施設により利用できる時間が異なります)。
◇福島市内の保育所・認定こども園(保育部分)について詳しくは、次のページをご覧ください。

 

延長
  こどもと出勤するパパ     

 

 【ケース3】父・母:会社員(フルタイム)    子ども:1歳
 3・4歳ぐらいだと集団生活も大事だと思うけど、小さいうちは子どもの成長をゆっくりと見守ってほしい。預かる子どもの数が少ない施設に入れたいのですが…。

→ 「地域型保育施設」という選択肢があります。
 ※利用時間のイメージは、上の図(保育所)と同じです。
地域型保育施設は、預かる子どもの数が最大でも20名程度の、小規模な保育施設です。お子さんと保育者の距離が近く、お子さん一人ひとりの育ちに応じた保育を行っています。
※地域型保育施設…就労等の理由で保育の必要性があると認められるご家庭の、(原則)0~2歳児を保育する認可保育施設。3歳児になるときに、転園する必要があります。定員が6~19人の「小規模保育施設」と、病院等の事業所が運営し、従業員の子どもと地域の子どもを一緒に保育する「事業内保育施設」があります。
 
◇福島市内の地域型保育施設について詳しくは、次のページをご覧ください。

 

令和3年4月から、「3歳の壁」がなくなります!
 -保育所・認定こども園(保育部分)へスムーズに転所できます-

 0歳~2歳のお子さんが通う地域型保育施設では、3歳児クラスに進級するときに転所が必要です。
転所で希望する施設に入れなかったら…。そんな保護者の皆さんの負担(不安)を軽減するため、本市では令和3年4月入所から、転所の際に実施する「入所調整のポイント加算」を大幅に拡充し、保育所・認定こども園(保育部分)へのスムーズな転所を実現します。
保育士とこども

【ケース4】父母:会社員(フルタイム)   祖父母と同居   子ども:3歳
 自宅に一番近くて便利なのが認可外保育施設。評判も良いし、預けたいと思ったけど、保育料が高そうで心配。                                     

 → 「認可外保育施設(注2)」も、無償化の対象です!

 就労等の理由で保育の必要性があると認められるご家庭の、3歳児(年少)から就学前のお子さんについては、施設利用料が月額37,000円まで無償(注3)となります。
 認可外保育施設には、認可保育施設にはない特色を持ち、自由な発想で教育・保育を実践している施設もあります。

(注2)乳幼児の保育を目的とする施設で、児童福祉法などに基づく認可を受けていないものを「認可外保育施設」といいます。
 本市では、認可外保育施設へ年1回の立入調査など指導監督を行い、市の条例で定めた基準を満たすことが確認された施設のみを利用料無償化の対象としています。
(注3)一時預かり事業、病児・病後児保育事業、ファミリー・サポート・センター事業を利用する場合は、その費用も含めて月37,000円が無償化の上限額となります。

 

◇福島市内の認可外保育施設については、認可外保育施設についてをご覧ください。

 

   英語を音読している様子   

                

 

ページの先頭へ戻る

 


 

このページに関するお問い合わせ先

こども未来部幼稚園・保育課幼保認定係

福島市森合町10番1号 福島市保健福祉センター内

電話番号:024-525-3750

ファックス:024-572-3419

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?