ここから本文です。

更新日:2021年5月11日

ごみ減量大作戦~チャレンジごみ減量20%~

福島市では、現在、「令和3年度までに、1人1日あたりのごみ排出量を890g以下にする!!」を目標に、「ごみ減量大作戦~チャレンジごみ減量20%~」を実施しています。

大作戦実施中

目標 

福島市のごみ排出量は、全国平均の1.2倍!!

福島市の1人1日あたりのごみ排出量は、令和元年度1,120gで、全国平均の918gと比較して約1.2倍の排出量となっています。これは、全国ワースト14位(人口10万人以上の都市)の排出量です。
ごみ推移グラフR1

 ごみ処理には、多額の費用がかかっています!

ごみの収集運搬、焼却処理、資源化、最終処分等のごみ処理には、福島市の市税収入の1割に相当する多額の費用がかかっています。
 
〔過去5年間のごみ処理経費〕

年度 ごみ処理経費 1人あたり処理費用
平成27年度 約37億円 約13,000円
平成28年度 約40億円 約14,000円
平成29年度 約40億円 約14,000円
平成30年度 約37億円 約13,000円
令和元年度 約38億円 約14,000円

 

福島市のごみの特徴を見てみよう!

ごみは、家庭から出る生活系ごみと、会社や店舗から出る事業系ごみに分けられます。
令和元年度の福島市の市民1人1日当たりのごみ排出量1,120gのうち、生活系ごみは816g、事業系ごみは304gとなっています。
福島市のごみは生活系ごみが非常に多く、全国ワースト4位(人口10万人以上の都市)の排出量となっており、生活系ごみのうち8割は可燃ごみが占めています。
ごみグラフ 

福島市の家庭から出る可燃ごみの特徴を見てみよう!

福島市が実施した家庭から出る可燃ごみの組成分析の結果を見てみると、生ごみが42%で一番多く、次いで紙類20%、草枝類15%となっており、この3つのごみを減らすことが重要です。

家庭から出される「可燃ごみ」の内訳 
組成分析 

ごみの減量化・資源化にご協力ください!

福島市では「ごみ減量大作戦」として、次の「4つの作戦+α」により、ごみの減量化・資源化に取り組んでいます!
ごみの減量のためには、市民のみなさん一人ひとりのご協力が必要です!
みんなでごみの減量化・資源化に取り組みましょう!!

作戦その1 生ごみの水切りの徹底

作戦その2 食品ロスの削減

作戦その3 分別の徹底

作戦その4 たい肥化の徹底

3R(スリーアール)の徹底 

使用済みはがき回収事業『ももりんエコポスト』実施中! 

福島市では、家庭(事業所のものは不可)で不用となった年賀状などの「使用済みはがき」の回収事業を実施しています。
回収したはがきは製紙工場で溶解処理し、トイレットペーパー・段ボールなどに生まれ変わります!
回収場所など詳しくはこちら

令和3年4月スタート! 「雑がみ」収集始めます!!

福島市では、令和3年4月から、これまでの「その他の紙製容器包装」に替えて「雑がみ」の分別収集を開始し、より多くの紙類をリサイクル可能にします。分別・出し方のルールを守って、ごみの減量化、資源化にご協力をお願いします。
「雑がみ」収集について詳しくはこちら

このページに関するお問い合わせ先

環境部ごみ減量推進課ごみ減量推進係

電話番号:024-525-3744

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?