ホーム > よくある質問 > くらし・手続き > 税金 > 市税全般 > 令和2年2月に死亡した夫あてに、令和2年6月に納税通知書が届きました。納める必要はありますか。

ここから本文です。

更新日:2020年5月1日

令和2年2月に死亡した夫あてに、令和2年6月に納税通知書が届きました。納める必要はありますか。

回答

市・県民税は令和2年1月1日ご存命のかたには課税されます。

そのため、令和2年2月に亡くなられた場合でも、令和2年度の市・県民税は課税され1年間分の税額を納めていただくことになります。

納税者が亡くなられている場合、相続人のかたがお納めくださいますようお願いいたします。

このページに関するお問い合わせ先

財務部 市民税課 市民税第二係

福島市五老内町3番1号

電話番号:024-525-3792

ファクス:024-528-2480

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?