ホーム > よくある質問 > くらし・手続き > 税金 > 市税全般 > 市民税・県民税の公的年金からの特別徴収とは何ですか。

ここから本文です。

更新日:2018年12月26日

市民税・県民税の公的年金からの特別徴収とは何ですか。

回答

65歳以上で公的年金等(国民年金、厚生年金、共済年金、企業年金など)を受給されている方について、その公的年金等にかかる市民税・県民税を、老齢基礎年金等(公的年金のうち介護保険料が天引きされている年金)から差し引きをさせていただく制度です。この制度によって、納税のために市役所や金融機関へ出向く必要がなくなり、納め忘れもなくなります。
特別徴収初年度(新規に特別徴収対象者になった場合や、一度特別徴収をしない時期があった後に、再度特別徴収対象者となる場合)は、年金にかかる税額の2分の1を6月、8月に納付書により納付、残りの2分の1は10月、12月、翌年2月に支給される年金から引き落としされます。
前年度から特別徴収が継続されている場合には、新年度については4月以降の年金から引き落としされます。

このページに関するお問い合わせ先

財務部 市民税課 市民税第三係

福島市五老内町3番1号

電話番号:024-525-3712

ファクス:024-528-2480

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?