ここから本文です。

更新日:2023年3月29日

福島市農業賞

 福島市農業賞は、平成2年度に創設し、農業に意欲的に取り組み、顕著な実績をあげている農林業者および団体等を表彰するものです。これまでに61名の個人と19の団体を表彰しております。

 

 農業賞   

 … 米作部門、園芸部門、畜産部門、林業部門、特産部門、営農集団部門

 

 農業奨励賞 (平成30年度新設)

 … 次世代農業者部門、地域活性化部門 

 

令和4年度 福島市農業賞 受賞者が決まりました!

令和5年1月26日に「福島市農業賞表彰式」を行いました。

農業賞 園芸部門・・・橋本 淳一 様、美恵子 様 ご夫妻

 果樹(もも、りんご、ぶどう)を中心に農業に従事し、優良品種・系統を早期に導入するなど、地域農業で中心的役割を担っている。また、地域農業の担い手である認定農業者として農地の利用集積等に積極的に取り組んでおり、地域農業者からの信頼も厚く、地域はもちろん、福島市の果樹分野を牽引するリーダーとして活躍している。

農業奨励賞 次世代農業者部門・・・遠藤 有羽樹 様、紗智 様 ご夫妻  

 平成27年に就農。当初は露地きゅうりの栽培からスタートし、天候等の外的要因による減収を防ぐため施設化を進めている。きゅうりの後作には、かぶれ菜等の葉物野菜を直売所に出荷し、秋冬の収益確保にも努めている。耕作園地周辺の遊休農地を借り入れするなど、規模拡大を進めながら遊休農地の解消にも貢献している。今後もさらなるステップアップを図り、地域農業の中心的な役割を担うことが見込まれ、より一層の活躍が期待される。

農業奨励賞 地域活性化部門・・・株式会社 カトウファーム 様

 市内最大規模の水田で、県のオリジナル品種「天のつぶ」を中心に米作りに励んでいる。世界基準の農業認証「グローバルGAP」を取得。自家栽培した大麦やホップを原料に使ったクラフトビールの醸造所「 Yellow Beer Works (イエロービアワークス)」を令和2年に大笹生に開業し、 福島市の新たな観光資源を生み出している。6次化や観光振興、中心市街地の活性化にも寄与している。

 R4市農業賞

前列左より 遠藤有羽樹様、橋本美恵子様、橋本淳一様、加藤絵美様、加藤晃司様

後列左より 宍戸農業委員会会長、木幡市長、真田市議会議長、数又JAふくしま未来代表理事組合長、家久来県北農林事務所長

 

 

 

 

このページに関するお問い合わせ先

農政部 農業企画課 農政企画係

福島市五老内町3番1号

電話番号:024-525-3726

ファクス:024-533-2725

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?